ラッセル・ウェストブルック レイカーズ移籍の噂について「今いるところが好き」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックは2017年夏にFAとなる。

ロサンゼルスで育ち、UCLA出身ということから、ウェストブルックにはレイカーズ移籍の噂が浮上しているが、ウェストブルックがこれを否定した模様。ウェストブルックのコメントをnbcsports.comが伝えている。

「今いるところが好きなんだ。俺にとってオクラホマシティは素晴らしい場所さ」

「(小さい頃は)NBAでプレイするなんて思ってもいなかった。ただ彼ら(レイカーズ)を観てただけだったんだ」

相棒のケビン・デュラントにも移籍の噂が浮上しているが、今季のプレイオフで快進撃を遂げれば、これらの噂は立ち消えることだろう。

なお、今季のウェストブルックは54試合に出場し、平均24.1得点、7.6リバウンド、10.0アシスト、2.3スティール、FG成功率45.8%、3P成功率29.6%を記録。

キャリア8年ではレギュラーシーズン通算561試合に出場し、平均21.4得点、5.5リバウンド、7.4アシスト、1.8スティール、FG成功率43.4%、3P成功率30.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA