スティーブ・ノバック 契約バイアウト後はバックスと契約か?

【スポンサーリンク】

先日のトレードでベテランシューターのスティーブ・ノバックはオクラホマシティ・サンダーからデンバー・ナゲッツへ移籍した。

ナゲッツとノバックは契約バイアウトに合意し、日本時間22日には正式成立する見込みだが、バイアウト後はミルウォーキー・バックスと契約すると見られている。

だが、バックスのロスターにはすでに15選手が登録されているため、ノバックと契約するためには1人以上を放出しなければならない。

ESPNによると、バックスはフォワードのクリス・コープランドを解雇し、ノバックと契約するという。

2006年のドラフト全体32位でリーグ入りしたノバックは、キャリア10年を通してヒューストン・ロケッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ダラス・マーベリックス、サンアントニオ・スパーズ、ニューヨーク・ニックス、トロント・ラプターズ、ユタ・ジャズ、サンダーでプレイ。

今季はサンダーで7試合に出場し、平均3.4分のプレイで2.4得点、FG成功率50.0%、3P成功率55.6%を記録している。

なお、ノバックは先日、サンダーユニフォームとジャズのショートパンツを着用した息子の写真をTwitterにアップ。

息子としてもどのチームのユニフォームを着れば良いのか判断が難しいところなのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA