マイク・コンリー FA後の去就について「何も約束してない」

【スポンサーリンク】

メンフィス・グリズリーズの先発ポイントガードを務めるマイク・コンリーには、トレードの噂があがっていた。

だが、期限を過ぎてもコンリーがトレードで放出されることはなく、今季はグリズリーズでプレイすることが決定。

そのコンリーは今季終了後にFAになる。

コンリーはオールスターレベルのポイントガードであるため、多くのチームがコンリー獲得に動くことになるだろう。

そのコンリーは、すべてのオファーを受け入れ、自身の去就を決断する考えのようだ。コンリーのコメントをESPNが伝えている。

「その時が来たら、すべては机上に置かれることになるだろうね。俺は何も約束してないよ」

ポイントガードのアップグレードを狙うチームは、特にコンリー獲得へ向けて熱心に動くと予想される。

なお、今季のコンリーは48試合に出場し、平均31.6分のプレイで15.1得点、3.0リバウンド、6.1アシスト、1.2スティール、FG成功率41.5%、3P成功率36.2%を記録。

キャリア9年では通算629試合に出場し、平均32.5分のプレイで13.5得点、2.9リバウンド、5.6アシスト、1.5スティール、FG成功率44.0%、3P成功率37.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA