ケビン・デュラント「自分に世界最高の選手と言い聞かせた」

【PR】

オクラホマシティ・サンダーのケビン・デュラントは、MVPクラスのパフォーマンスを取り戻しつつある。

ここ数年は骨折などの怪我に悩まされ、満足できるだけのパフォーマンスを見せることができなかったデュラントだが、苦しい時はいつも自分に「世界最高の選手」と言い聞かせていたようだ。デュラントのコメントをthescore.comが伝えている。

「自分に毎日言い聞かせてたよ。『俺は世界最高の選手』とね。『俺は世界最高の選手』。壁にもそう書いた。バスルームの鏡にも書いた。世界のトップに立ったら、言うのは簡単だよね。だけど、みんなに疑問を持たれてる時に言うのは難しいんだ」

昨季MVPのステフィン・カリーや相棒のラッセル・ウェストブルックが台頭したことにより、元MVPのデュラントに集まる注目は薄れていった。

だが、デュラントは間違いなくリーグトップクラスのスコアラーだろう。

なお。デュラントは負傷離脱した間、同じく負傷離脱していたインディアナ・ペイサーズのポール・ジョージとリハビリの時間を共にし、復帰へ向けてトレーニングを積んでいたという。

世界最高のスコアラーを目指すデュラントにこれからも期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読