ジェイムス・ハーデン ケビン・マクヘイルの解雇とドワイト・ハワードのトレードを進言?

【スポンサーリンク】

今季は昨季ほどの成績を残すことができていないヒューストン・ロケッツは、シーズン途中にケビン・マクヘイルをヘッドコーチ職から解雇した。

そして、先日は先発センターのドワイト・ハワードにトレードの噂が浮上していたが、CBS Sportsによると、ジェイムス・ハーデンがマクヘイルの解雇とハワードのトレードをフロントオフィスに進言していたという。

もしこれが真実なら、ロケッツのロッカールームは決して良い状態ではないだろう。

一方で、ロケッツのCEOを務めるタッド・ブラウンはこの噂を否定。

また今から2年前、ハーデンとハワードがトレードを要求したという噂も出ているが、ブラウンCEOとダリル・モレーGNはこの噂を否定した。

チームが決して良い状態ではないだけに、さまざまな憶測や噂が浮上しているのだろう。

これらの噂を払拭するためにも、残りのシーズンで奮起を見せてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA