ドワイト・ハワード エージェントのダン・フィーガンを解雇

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツのドワイト・ハワードが、エージェントを長年務めていたダン・フィーガンを解雇した模様。

ハワードはエージェントを解雇したことについて、次のようにコメントESPNが伝えている。

「ダン・フィーガンとリラティビティ・スポーツとの関係を断つことを決めた。ダンのことはすごくリスペクトしてる。だが、俺にとってこれは正しい決断なんだ。俺の魂はロケッツをチャンピオンシップを狙える位置までチームメイトたちと共に引っ張っていくことに集中してるんだ。ダンとリラティビティのチームのこれからを祈ってる」

「オールスターブレイクの頃から、自分を良くするためにできることは何なのか、自分の環境を良くするためにできることは何なのか、ずっと考えてた。エージェントに対しては、特に悪い感情はないよ。彼は俺に何も悪いことなんかしてない。ときどき変化を加えることは良いこと。それをもとに、今回の決断をしたんだ」

フィーガンの解雇により、オフにFAとなる可能性のあるハワードの去就にますます注目が集まることとなりそうだ。

現在のハワードはエージェントを雇用しておらず、新たなエージェントが見つかり次第契約すると見られている。

なお、ジョン・ウォールは先月、ディアンドレ・ジョーダンは昨年夏にフィーガンを解雇した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA