ロケッツ タイ・ローソンと契約バイアウトに間もなく合意

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツがポイントガードのタイ・ローソンと契約バイアウトに間もなく合意する模様。

Houston Chronicleによると、ロケッツはバイアウト成立後に他のポイントガード獲得を狙うという。

今季からロケッツに加わったローソンは、シーズン序盤は先発ポイントガードとして起用されるも、ジェイムス・ハーデンとのケミストリーに問題があり、バックアップに格下げ。

その後も期待されたパフォーマンスを見せることができていなかった。

契約バイアウトが成立し、解雇され次第FAとなるローソンだが、契約のオファーを出すチームは現れるだろうか?

それとも今季はこのまま姿を消し、来季は海外リーグでプレイすることになるのだろうか?

なお、ローソンは先日、次のように話していた。

「ここ(ロケッツ)にいられてただ幸せ。俺の仕事は毎日ハードにプレイし続けること。ここにいたい」

今季のローソンは53試合に出場し、平均22.2分のプレイで5.8得点、1.7リバウンド、3.4アシスト、FG成功率38.7%、3P成功率33.0%を記録。

平均アシスト数はキャリアワースト2位、その他のスタッツはキャリアワーストにとどまっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA