ウルブズ ケビン・マーティンと契約バイアウトに合意

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズがケビン・マーティンと契約バイアウトに合意した模様。

マーティンにはトレードの噂も出ていたが、期限を過ぎてもトレードが実現することはなかった。

契約バイアウトが成立次第マーティンはFAとなるが、現時点ではサンアントニオ・スパーズが契約先最有力候補と噂されている。

だが、スパーズはベテランポイントガードのアンドレ・ミラーと契約したばかりであり、マーティン獲得に動くかどうかは予想がつかないところだ。

なお、マーティンと契約するためには、スパーズは少なくとも選手1人をカットしなければならない。

また、ESPNによると、マーティンにはダラス・マーベリックス、ヒューストン・ロケッツ、アトランタ・ホークスも興味を持っているという。

今季のマーティンは39試合に出場し、平均21.4分のプレイで10.6得点、2.1リバウンド、1.2アシスト、FG成功率37.7%、3P成功率36.9%を記録。

キャリアでは通算698試合に出場し、平均30.5分のプレイで17.6得点、3.2リバウンド、1.9アシスト、FG成功率43.8%、3P成功率38.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA