チェイス・バディンガー ペイサーズと契約バイアウトに合意

【スポンサーリンク】

フォワードのチェイス・バディンガーがインディアナ・ペイサーズと契約バイアウトに合意した模様。

the Sporting Newsによると、ペイサーズはバディンガーに契約バウアウトを通知し、間もなく成立する見通しだという。

ただし、期限を過ぎてのバイアウトとなるため、バディンガーはプレイオフチームと契約することはできない。

バイアウトが遅れた理由は、チームに負傷者が出ており、復帰を待っていたためと見られている。

オフのトレードでミネソタ・ティンバーウルブズからペイサーズに移籍したバディンガーは今季、48試合の出場で平均4.5得点、2.5リバウンド、1.0アシスト、FG成功率41.9%、3P成功率29.%を記録。

キャリア7年では通算389試合に出場し、平均8.1得点、3.1リバウンド、1.2アシスト、FG成功率42.8%、3P成功率35.5%を記録している。

なお、バイアウトが正式成立後にFAとなるわけだが、現時点ではフェニックス・サンズと契約する可能性が高いようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA