江蘇ドラゴンズ グレッグ・オデンと再契約しない方針

【スポンサーリンク】

元ドラフト1位指名選手であるグレッグ・オデンは、中国での復活を目指していた。

だが、江蘇ドラゴンズでのプレシーズンゲームで23得点、14リバウンドの活躍を見せるも、その後手を負傷し、長期離脱。

シーズン中に復帰し、一定のパフォーマンスを見せたものの、江蘇ドラゴンズはオデンと再契約しない決断を下したようだ。

オデンは江蘇ドラゴンズについて次のようにコメント。USA Todayが伝えている。

「ここに来てただバスケットボールをプレイする。俺にとって素晴らしい機会だった。しばらくバスケットボールをプレイすることができてなかったからね」

「彼らは俺にプレイする機会を与えてくれた。俺に言えるのはそれだけ。長い間プレイすることができなかったけど、今年はコートに出て、25分プレイすることができた。20分以上プレイできるなんて考えたこともなかったよ。1週間で3試合プレイした。そんなことができるなんて考えもしなかったんだ」

オデンはこのままプロの世界から去ってしまうのだろうか?

それともどこかのチームがオデンに救いの手を差し伸べるのだろうか?

中国での経験を糧に、ぜひNBA復帰を狙ってもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ジミー頁

    日本に来るしかない!?

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      確かに!
      問題はサラリーですかね(^_^;)

*

CAPTCHA