マイク・コンリー アキレス腱炎症で3~4週間の離脱へ

【スポンサーリンク】

メンフィス・グリズリーズの先発ポイントガードを務めるマイク・コンリーが、アキレス腱の炎症で3~4週間離脱する模様。RealGMが伝えている。

コンリーは左足の痛みでここ3試合を欠場。

検査の結果、アキレス腱に炎症があることが判明したという。

グリズリーズは現時点で36勝25敗のウェスタン・カンファレンス5位。

ウェスト6位のポートランド・トレイルブレイザーズとは5.5ゲーム差あるため、プレイオフに進出できる可能性は高いが、少しでも上位に食い込んでおきたいだけに、コンリーの離脱は大きな痛手となるだろう。

なお、今季のコンリーは56試合に出場し、平均31.4分のプレイで15.3得点、2.9リバウンド、6.1アシスト、1.2スティール、FG成功率42.2%、3P成功率36.3%を記録。

今季終了後にはFAとなり、去就に注目が集まっている。

先日、コンリーは自身の去就について「何も約束していない」と話し、他チームとの契約の可能性があり得ることを示唆していた。」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA