バラク・オバマ大統領「ステフィン・カリーは今まででもっとも偉大なシューター」

【PR】

昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズは、今季も快進撃を続けている。

シカゴ・ブルズが1995-96シーズンに記録した72勝10敗という偉大な成績を上回れるペースにあるウォリアーズだが、その原動力となっているのはやはりステフィン・カリーだろう。

大のバスケットボールファンとしても知られているバラク・オバマ・大統領も、カリーのパフォーマンスに魅了されているようだ。

オバマ大統領はカリーについて次のようにコメント。time.comが伝えている。

「ステフ・カリーは私が今まで見てきた中でもっとも偉大なシューター。誰かのプレイを見てこんなに楽しいなんて、マイケル・ジョーダン以来だ」

オバマ大統領とカリーはプライベートでも親交があり、昨年夏には共にゴルフを楽しんだという。

チャンピオンチームを毎年ホワイトハウスに招待してきたオバマ大統領だが、間もなくその任期を終える。

退任後はバスケットボールにも情熱を傾けるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読