ダーク・ノビツキー「センターポジションの準備はできてる」

【スポンサーリンク】

キャリア終盤に差し掛かっているダラス・マーベリックスのダーク・ノビツキーは、ここ数試合はセンターポジションで起用されている。

長年プレイしてきたポジションからの変更だけに、若干の戸惑いもあるだろうが、ノビツキーはキャリアが終わるまでセンターポジションでプレイする覚悟をもっているようだ。ノビツキーのコメントをESPNが伝えている。

「たとえどんなことであろうとも、すべての準備はできてるよ。センターポジションにはすこし支配する力があると思うけど、みんなが分かってるように、もはやポストアップのリーグじゃなくなってるよね。ピック&ロールのリーグ、ボールムーブメントのリーグ、トランジションのリーグ、ドライブのリーグになってるんだ。リーグはどんどんどんどんどんどんスモールバスケットボールになってきてる。だから、それ(センターポジションでのプレイ)が俺らにとってオプションになるなら、素晴らしいことさ」

nbawowy.comによると、センターポジションでプレイしたノビツキーは36分あたりのプレイで平均24.9得点、11.1リバウンドを記録しているという。

おそらく相手チームのロスターに合わせてポジションチェンジを行うと予想されるが、ノビツキーのスキルならセンターポジションでも十分通用するだろう。

ちなみに、ロサンゼルス・クリッパーズのディアンドレ・ジョーダンは36分あたりのプレイで平均13.4得点、14.8リバウンドを記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA