シクサーズ デニス・シュルーダーにマックス契約をオファーか?

【スポンサーリンク】

今季も低迷しているフィラデルフィア・セブンティシクサーズは、ポイントガードのアップグレードが急務とされている。

2月のトレードでポイントガードの補強に動くと見られていたものの、これは失敗に終わっていたようだ。

ESPNによると、シクサーズはデニス・シュルーダーをトレードで獲得するため、シューティングガードのニック・スタウスカス、ポイントガードのイシュ・スミス、2016年のドラフト1巡目指名権などをパッケージにしてアトランタ・ホークスにオファーを出していたという。

このトレードは失敗に終わったものの、シクサーズはシュルーダーに強い興味を持っており、今年の夏にマックス契約をオファーする計画がある模様。

ホークスは今夏、シュルーダーに延長契約をオファーするとみられているが、シュルーダーは先発ポイントガードとしてプレイすることを望んでいるとも噂されている。

シクサーズなら間違いなく先発ポイントガードのポジションを手にすることができるだろう。

とはいえ、ドアマットに沈んでいるだけに、シュルーダーがシクサーズのオファーに応じない可能性も否定できない。

また、ポイントガードのアップグレードを求めているチームも多く、シュルーダーには多数のオファーが寄せられる可能性もある。

なお、今季のシュルーダーは68試合に出場し、平均20.6分のプレイで11.2得点、2.7リバウンド、4.5アシスト、FG成功率43.2%、3P成功率33.5%を記録。

キャリア3年では通算194試合に出場し、平均20.6分のプレイで8.8得点、2.1リバウンド、3.7アシスト、FG成功率42.4%、3P成功率33.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA