ドウェイン・ウェイド FA交渉について「ヒートと早く契約したい」

【PR】

ドウェイン・ウェイドは昨年夏、マイアミ・ヒートと1年2000万ドルで再契約した。

つまり、今年の夏にFAとなる。

昨年夏はロサンゼルス・レイカーズへの移籍も噂されていただけに、今夏におけるウェイドの九州にも注目が集まるだろう。

ウェイドには多くのチームがオファーを提供すると予想されるが、ウェイド本人はFA交渉を煩わしいと感じ、ヒートと一刻でも早く再契約したいと考えている模様。ウェイドのコメントをMiami Heraldが伝えている。

「FAに関するすべてのこと。去年の夏、俺はあんな状況にはなりたくなかった。FA市場にはまったく出たくなかった。(ヒートと)すぐに契約して、前に進んでいきたい。どんな噂にも付き合いたくないからね。ここは俺がキャリアを終えたい場所なんだ」

ここ数年は怪我に苦しみ、満足できるだけのパフォーマンスを見せられなかったウェイドだが、今期は昨季の出場試合数をすでに上回っている。

その一方で相棒のクリス・ボッシュが苦しんでいるものの、ヒートの顔として今後もプレイしてもらいたいところだ。

なお、今季のウェイドは62試合に出場し、平均30.6分のプレイで19.0得点、4.1リバウンド、4.7アシスト、1.1スティール、FG成功率44.8%、3P成功率18.9%を記録。

キャリアでは通算834試合に出場し、平均35.8分のプレイで23.7得点、4.8リバウンド、5.8アシスト、1.7スティール、FG成功率48.7%、3P成功率28.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読