カーメロ・アンソニー ドラフトについて「デトロイトに行きたかった」

【PR】

ニューヨーク・ニックスでプレイしているカーメロ・アンソニーは、2003年のドラフト全体3位指名でデンバー・ナゲッツに入団した。

2003年あたりといえば、デトロイト・ピストンズが前世を極めていた頃だ。

当時のアンソニーは、ナゲッツではなくピストンズに指名してもらいたかったという。アンソニーのコメントをBleacher Reportが伝えている。

「(ナゲッツからの指名は)ちょっとがっかりしたよ。本当にデトロイトに行きたかったから。デトロイトにはチャウンシー(・ビラップス)がいたし、その他にも揃ってたしね」

「デトロイトが俺を指名するって聞いてたんだ。クリーヴランドが指名すれば『俺はデトロイトに行くんだろう』と思ってたよ」

アンソニーはリーグを代表するポイントガードだったビラップスとのプレイを熱望していたというが、その後、ビラップスはナゲッツに移籍し、アンソニーと共にプレイすることとなった。

現在はニックスで苦しい時間を送っているものの、ルーキー時代の熱量を思い出し、チームを再興に導いてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読