クリス・ボッシュ 抗凝固薬を今も使用か?

【スポンサーリンク】

ふくらはぎに血栓が見つかり、離脱が続いているクリス・ボッシュだが、すでに軽めの練習をこなしていることから、復帰はそう遠くないと見られていた。

そのボッシュがセカンドオピニオンを求めて医師の診察を受けた模様。

Miami Heraldによると、ふくらはぎの血栓はすでに消失しているものの、ボッシュはいまだ抗凝固薬を使用しているという。

今回の診察は、抗凝固薬の使用を終えてからどれくらいで復帰できるか確認するためとされている。

医師によっては3~6カ月は抗凝固薬を使用し続けることを勧めているというが、ボッシュの血栓が発覚したのはオールスターブレイク頃。

つまり、最悪のケースではプレイオフも含めて全休となる恐れもある。

ヒートは現時点でイースタン・カンファレンス3位と好位置につけているものの、プレイオフを戦い抜くためにはボッシュの力が必要だ。

今後は抗凝固薬の使用を止めるタイミングはひとつのポイントになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA