マイク・ミラー「まだ引退の予定はない」

【スポンサーリンク】

今季からデンバー・ナゲッツでプレイしているベテランシューターのマイク・ミラーは、先月で36歳になった。

レブロン・ジェイムズらと共にマイアミ・ヒートでプレイしていた当時に引退を示唆したこともあるミラーだが、現時点で引退の計画はないようだ。ミラーのコメントをCBS Sportsが伝えている。

「正直に話すけど、ここ数年でもっともフレッシュな気持ちなんだ。歳はとっていってるけどね。まだ練習したいし、プレイしたい。彼ら(ナゲッツ)が出場時間を与えてくれる限り、俺はプレイするよ」

また、将来的にコーチ職に就任するかどうか聞かれたミラーは、こう返答した。

「それは考えてる。だけど、今はみんなと一緒にいられて幸せだし、ロッカールームで俺の声は影響力があると思ってるんだ」

若手選手の成長のサポートを期待されているミラー。

今季の出場時間は平均8.0分と、これまでと比較すると激減しているが、若手選手の成長を楽しんでいるようだ。

なお、今季のミラーは43試合に出場し、平均1.3得点、1.1リバウンド、0.8アシスト、FG成功率35.8%、3P成功率37.8%を記録。

キャリア16年では通算1008試合に出場し、平均27.4分のプレイで10.9得点、4.3リバウンド、2.6アシスト、FG成功率45.9%、3P成功率40.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA