メッタ・ワールドピース「あと2年は現役を続けたい」

【スポンサーリンク】

今季からロサンゼルス・レイカーズでリーグに復帰したメッタ・ワールドピースは、今年11月で37歳になる。

現役としてプレイできる時間は短くなってきているが、ワールドピース本人はまだまだ現役を続けられる自信がある模様。ワールドピースのコメントをthe Los Angeles Timesが伝えている。

「またプレイオフに出たい。あと2年は現役を続けたいね。今季はあまりプレイしてないし、自分をセーブしてる。来年は強い俺が戻ってくるだろう」

「復帰した当初、俺はうまくプレイしてた。まだ戦えるかどうか確かめたかった。出場時間を得た時、まだ戦えるって感じたんだ。若い選手たちはうまくプレイし始めてる。今は彼ら自身を構築してるところ。レイカーズにとってはスマートなことだよね」

ワールドピースは今年の夏にFAとなる。

果たしてレイカーズはワールドピースにオファーを出すだろうか?

なお、今季のワールドピースは29試合に出場し、平均16.9分のプレイで4.4得点、2.5リバウンド、0.8アシスト、0.6スティール、FG成功率28.4%、3P成功率27.9%を記録。

キャリアでは通算960試合に出場し、平均32.5分のプレイで13.5得点、4.6リバウンド、2.7アシスト、1.8スティール、FG成功率41.5%、3P成功率34.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

関連コンテンツ

*

CAPTCHA