アンソニー・デイビス 肩の手術は回避か?

【スポンサーリンク】

ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビスは膝と肩を負傷し、今季全休となってしまった。

すでに膝の手術は完了し、間もなく肩の手術を受けると見られていたが、肩の手術は回避できる可能性がある模様。

ペリカンズによると、デイビスは手術を回避する決断を下したという。

一方、復帰までに3~4カ月程度かかる見込みであることが明らかになったようだ。

今季のペリカンズは負傷者の続出に苦しみ、プレイオフレースから脱落。

2年連続プレイオフ進出という目標は達成できなかったものの、デイビスが復帰する来季は上位を目指してもらいたいところだ。

なお、今季のデイビスは61試合に出場し、平均35.5分のプレイで24.3得点、10.3リバウンド、1.9アシスト、1.3スティール、2.0ブロックショット、FG成功率49.3%、3P成功率32.4%を記録。

キャリア4年では通算260試合に出場し、平均33.9分のプレイで20.8得点、9.7リバウンド、1.7アシスト、1.3スティール、2.4ブロックショット、FG成功率51.6%、3P成功率28.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA