ドウェイン・ウェイド “スーパースターチーム”に興味なし

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは先日「カーメロ・アンソニーやドウェイン・ウェイド、クリス・ポールと同じチームでプレイしたい。そのためなら言及も厭わない」と発言した。

ニューヨーク・ニックスのアンソニーもジェイムスの夢に同調し、減棒を厭わない姿勢を示したが、ジェイムスの元チームメイトであり、親友でもあるウェイドはいわゆる“スーパースターチーム”に現時点では興味を持っていないようだ。ウェイドのコメントをESPNが伝えている。

「それに俺を含めないでくれ。俺はそこに飛び込んでない。今は俺をそこに含めないでくれ。俺らが話し合ったことについての質問に俺は答えないよ」

一方、アンソニーは“スーパースターチーム”に興味は持ちつつも、現時点ではニックスに尽くす構えの模様。アンソニーはニックスについて次のように言及した。

「俺は理由があってここに来た。ニューヨークで勝つために来たんだ。残念ながら、まだそれには至ってない。まだやり残したことがある」

ジェイムスとウェイドらは“スーパースターチーム”について話し合ったことがあるのだろうか?

ただ、スーパースターが集まったとしても勝利が約束されているというわけではない。

スーパースターチームが実現したとしても、がっかりするようなパフォーマンスは見たくないところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA