ラッセル・ウェストブルック レジー・ジャクソンについて「違いをもたらしてない」

【PR】

オクラホマシティ・サンダーは先日、アウェイの地で行われたデトロイト・ピストンズ戦を落とした。

元サンダーで現在はデトロイト・ピストンズの先発ポイントガードとしてプレイしているレジー・ジャクソンは、古巣相手の勝利に喜びを爆発。

コート上で喜びのダンスを披露したが、ウェストブルックはジャクソンについて次のようにコメント。nbcsports.comが伝えている。

「正直言って、少しクソ野郎な行為だよね。俺は評価しない。あれは全然好きじゃない。彼とはまた会う。その時に倒してやろう」

「彼は我々になんの変化ももたらさなかった。明らかに彼はここにいたくなかった。今の彼は良い場所にいるよね。俺に言わせれば、彼はそんなに違いをもたらしてないよ」

ケビン・デュラントとサージ・イバカが不在だったとはいえ、ジャクソンの勝利のダンスはサンダーの選手たちの逆鱗に触れたことだろう。

来季の対戦はより熱い展開になるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読