ヤニス・アデトクンポ 来季は先発ポイントガードのポジションでプレイか?

【スポンサーリンク】

ミルウォーキー・バックスのジェイソン・キッドHCは、現役時代にリーグトップクラスのポイントガードとして活躍した。

オフシーズンにはそのノウハウをヤニス・アデトクンポに叩き込むことに全力を注ぐことになるかもしれない。

the Milwaukee Journal-Sentinelによると、キッドHCは来季の先発ポイントガードにアデトクンポを起用することを明言したという。

では、マイケル・カーター・ウィリアムスのポジションはどうなるのだろうか?

カーター・ウィリアムスには以前からトレードの噂が出ており、このオフに何かしらの動きがある可能性も否定できない。

なお、今季のアデトクンポは74試合に出場し、平均35.2分のプレイで16.5得点、7.6リバウンド、4.1アシスト、1.2スティール、1.4ブロックショット、FG成功率50.3%、3P成功率20.5%を記録。

キャリア3年では通算232試合に出場し、平均30.4分のプレイで12.0得点、6.2リバウンド、2.9アシスト、0.9スティール、1.1ブロックショット、FG成功率48.1%、3P成功率26.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA