カーメロ・アンソニー 若手選手の出場時間増を進言

【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスは今季のプレイオフ復帰という目標を達成できなかった。

来季の復活の鍵は、このオフの補強と若手選手の成長だろう。

それを理解しているカーメロ・アンソニーが、カート・ランビス臨時HCに若手選手の出場時間を増やすよう進言した模様。

ESPNによると、アンソニーはホセ・カルデロンとサーシャ・ブヤチッチに多くの出場時間を与えられていることを疑問視し、ランビス臨時HCに進言したという。

「若手選手たちは、特に今、プレイする必要がある。1対1などのドリルは練習の時にできるけど、経験は実戦でしか積むことができない。若手選手の出場時間を増やすことは彼らにとって良いことだし、自信にもつながる。チームの士気にも良い影響を及ぼすんじゃないかな。チームがこんな状態だと自信を失いがちだからね。」

今季の成績を31勝46敗としているニックスは、イースタン・カンファレンス13位。

同12いのオーランド・マジックを1.5ゲーム差で追っているが、プレイオフ進出が叶わない今となっては、来季に目を向けるべきだろう。

サンアントニオ・スパーズのように選手の成長と発掘に重きを置き、古豪復活を成し遂げてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA