コービー・ブライアント「トーチは自分で掴み取らなければならない」

【スポンサーリンク】

コービー・ブライアントの現役生活は間もなく終わりを迎える。

マイケル・ジョーダン引退後のリーグを牽引してきたブライアントだが、これからのリーグ、そしてレイカーズは誰が牽引していくのだろうか?

ブライアントは後継者について次のように言及。ESPNが伝えている。

「彼(ジョーダン)はトーチを渡さなかった。トーチは渡されるようなものじゃない。自分の手で掴みとらなきゃならないんだ」

これからのレイカーズを支えるのはジョーダン・クラークソン、ジュリアス・ランドル、ディアンジェロ・ラッセルだろう。

だが、ブライアントは3人のうち誰かにトーチを渡すつもりはないという。

自らの手で勝ち取ってこそ価値あるものとなるのかもしれない。

数々のスター選手を生み出してきたレイカーズだけに、ブライアントのあとを継ぐスター選手の誕生を待ちたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA