マイク・コンリー アキレス腱負傷で今季全休へ

【スポンサーリンク】

メンフィス・グリズリーズの先発ポイントガード、マイク・コンリーが、アキレス腱の負傷で今季全休となる模様。

Memphis Commercial Appealによると、コンリーはチームドクターによる再検査を受け、2016-17シーズンまで復帰できないと診断されたという。

3月序盤から離脱が続いているコンリーだが、今も足を引きずっている状態であり、回復には時間がかかるようだ。

グリズリーズは現在、41勝36敗でウェスタン・カンファレンス5位。

同7位のダラス・マーベリックス、同8位のユタ・ジャズを2ゲーム差でリードしており、プレイオフに進出できる可能性は現時点では高い。

とはいえ、グリズリーズではコンリーの他、オールスターセンターのマーク・ガソルやバックアップのブランドン・ライトらも離脱しており、プレイオフでは苦しい戦いを余儀なくされるだろう。

なお、今季のコンリーは56試合に出場し、平均31.4分のプレイで15.3特典、2.9リバウンド、6.1アシスト、1.2スティール、FG成功率42.2%、3P成功率36.3%を記録。

今年夏にFAとなるコンリーは先日「すべてのオファーを検討する」と発言していた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA