ブルズ ホーレス・グラントをスペシャルアドバイザーとして雇用

【スポンサーリンク】

マイケル・ジョーダンと共にシカゴ・ブルズの全盛期を支えたホーレス・グラントが、ブルズのスペシャルアドバイザーとして雇用された模様。ブルズが公式ホームページで発表している。

スコッティ・ピッペンとトニー・クーコッチもすでに同様の職でブルズと契約。

一時代を築き上げたレジェンドたちが再び集結することになった。

ブルズの最初の3連覇に貢献したグラントだったが、ジェリー・ラインズドルフを揉めたことにより、オーランド・マジックへFAとして移籍。

現在、ブルズの球団社長はジェリーの息子であるマイケル・ラインズドルフが務めている。

ジェリーによると、グラントとは1年ほど前に和解したようだ。ジェリーのコメントをthe Chicago Tribuneが伝えている。

「ようやく彼(グラント)を許した。時間がすべての傷を癒してくれたんだ。(昔の)契約の際に私は彼と握手した。だがその後、彼はそれを拒否した。動揺したね。ホーレスとは去年会い『君に対してもう怒ってないよ』と伝えた。彼は『俺が悪かった』と言ってくれたよ」

グラントはキャリア17年を通し、ブルズ、マジック、シアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)、ロサンゼルス・レイカーズでプレイ。

ブルズの3連覇に貢献した他、2001年にはレイカーズでタイトル獲得を経験した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA