マブス オフにドワイト・ハワード獲得狙いか?

【スポンサーリンク】

ここ数年のダラス・マーベリックスは、ビッグネームのビッグマン獲得を狙ってきた。

だが、ラマーカス・オルドリッジやデアンドレ・ジョーダン獲得に失敗。

それでもビッグマン獲得は諦めておらず、ESPNによると、今年のオフはヒューストン・ロケッツのドワイト・ハワード獲得を狙う模様。

マブスは2013年にもハワード獲得を狙っていた。

だが、当時FAだったハワードはマブスではなくロケッツを選択。

その後、マーク・キューバンはハワードについて「いつか後悔することになるだろう」と話していた。

ただし、この夏にハワードがプレイヤーオプションを破棄しなければ、獲得レース自体が生じない。

現時点ではオプションを破棄し、市場価値を試す可能性が高いと噂されているが、さすがにマックス契約とはならないだろう。

なお、ハワードがFAになった場合、ニューヨーク・ニックスも獲得に動くと予想されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA