ナーレンズ・ノエル 賃貸住宅の破壊で訴えられる

【スポンサーリンク】

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのナーレンズ・ノエルにとって、この夏は忙しい時間になるかもしれない。

TMZ Sportsによると、ノエルはルーキー時代に住んでいた賃貸住宅に損害をもたらし、訴えられた模様。

カーペットの上にドリンクをはね散らかしたうえ、家中にマリファナが残されており、損害賠償額は4万2000ドルにも及ぶという。

なかなか勝てないシクサーズと自身にフラストレーションを感じていたのだろうか?

シクサーズではルーキーのジャリル・オカフォーが一般人に暴力を振るうなど、若手選手の問題が勃発している。

ノエルは先日「オフはミドルレンジのシュートのトレーニングを行う」と宣言し、来季へ向けて早い段階から準備を進める覚悟を示していたものの、プライベートの問題で時間を取られることとなりそうだ。

なお、今季のノエルは63試合に出場し、平均28.9分のプレイで11.0得点、8.0リバウンド、1.8アシスト、1.7スティール、1.5ブロックショット、FG成功率52.3%、フリースロー成功率58.9%を記録。

ルーキーだった昨季は75試合に出場し、平均30.8分のプレイで9.9得点、8.1リバウンド、1.7アシスト、1.8スティール、1.9ブロックショット、FG成功率46.2%、フリースロー成功率60.9%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA