ドレイモンド・グリーン「73勝に届かなくても泣かない」

【スポンサーリンク】

サンアントニオ・スパーズに勝利したことにより、昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズはマイケル・ジョーダン時代のシカゴ・ブルズが記録したシーズン72勝に到達した。

レギュラーシーズンはメンフィス・グリズリーズとのホームゲームを1試合残すのみとなっており、ウォリアーズが勝利すればシーズン73勝という偉大な記録が誕生する。

ウォリアーズの中心選手のひとりであるドレイモンド・グリーンは、新記録樹立について次のようにコメント。The Verticalが伝えている。

「(73勝に届かなくても)何も思わない。ただ達成できなかったというだけ。だけど、達成したら素晴らしいことだよね。泣くつもりはないよ。もし達成できなかったとしても、俺らの誰もショックを受けたりしないだろう。ちょっとフラストレーションを感じるだけさ」

「みんなには俺のことを“勝者”として覚えておいてもらいたい。いつも言ってるようにね。最多勝記録はそれ自体を表す成績だから」

「記録を敗れた、俺らは間違いなくレコードブックに記載されるだろう。だけど結局のところ、究極の目標はチャンピオンシップでの勝利なんだ。それが俺らの第一目標。この記録はその目標についてきただけさ」

そう話すグリーンだが、ファンは自ずと記録更新を期待し、選手たちには多少なりともプレッシャーがかかることだろう。

とはいえ、グリズリーズ戦はウォリアーズのホームゲーム。

ファンの声援をバックにレギュラーシーズ有終の美を飾ってくれるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA