スコッティ・ピッペン レギュラーシーズン72勝達成のウォリアーズを祝福

【スポンサーリンク】

ディフェンディングチャンピオンのゴールデンステイト・ウォリアーズは、ついにマイケル・ジョーダン時代のシカゴ・ブルズが樹立したシーズン72勝という偉大な記録に並び、その記録更新に王手をかけた。

ひとまずはブルズの記録に並んだわけだが、当時のブルズをジョーダンと共に牽引したスコッティ・ピッペンは先日「1996年のブルズはウォリアーズをスウィープするだろうね。俺がディフェンスすれば、ステフィン・カリーを20点以下に抑えると思うよ」と発言。

だが、ウォリアーズがブルズの記録に並んだ今、その功績を素直に称えているようだ。ピッペンのコメントをthescore.comが伝えている。

「ウォリアーズが今やってること。ゲームは変わったよね。素晴らしいことだと思うよ。多分だけど、俺はウォリアーズのビッグファンのひとりだと思う」

一方で、こう付け加えている。

「彼らが記録を破れば、それは彼らの記録。だけど、レギュラーシーズンはチャンピオンプシップでの勝利じゃない」

当時のブルズはレギュラーシーズン72勝を記録し、タイトルを獲得。

その後も連続でタイトル獲得を果たし、2度目のスリーピートを達成した。

ウォリアーズはブルズに続き、スリーピートを成し遂げることができるだろうか?

まずは連覇がかかった今年のプレイオフに注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA