ステフィン・カリー 内側側副靭帯捻挫で2週間の離脱

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが少なくとも2週間は離脱する模様。

ウォリアーズの公式ホームページによると、MRI検査の結果、膝の内側側副靭帯を捻挫していることが発覚し、2週間後に再検査を受ける予定だという。

幸いにもグレード1の捻挫であったため、プレイオフ中の復帰は可能な見込みだが、今後のリーグを牽引していくプレイヤーだけに、復帰には万全を期したいところだ。

なお、MRI検査後、カリーは次のようなコメントを発表していた。

「すべての選手たちとメッセージに感謝する。ポジティブなエネルギーを感じることができる。神は偉大だ!俺は大丈夫だよ!」

カリーの離脱により、クレイ・トンプソンやドレイモンド・グリーンらにはさらなるステップアップが求められるだろう。

なお、ウォリアーズがロケッツに勝利した場合、プレイオフ・セカンドラウンドではロサンゼルス・クリッパーズ対ポートランド・トレイルブレイザーズの勝者と対戦する。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA