ジェフ・バン・ガンディ レイカーズのヘッドコーチ就任に興味か?

【スポンサーリンク】

バイロン・スコットを解雇したロサンゼルス・レイカーズは、再建を託す新ヘッドコーチを探している。

その候補のひとりが、ジェフ・バン・ガンディだ。

USA Todayによると、そのバン・ガンディもレイカーズのヘッドコーチ就任に興味を持っているという。

ニューヨーク・ニックス(1996-2001)とヒューストン・ロケッツ(2003-07)でヘッドコーチの経験があるバン・ガンディは現在、ESPN/ABCのアナリストとして活動。

レイカーズにはディアンジェロ・ラッセルやジュリアス・ランドル、ジョーダン・クラークソンら将来有望な若手選手が多い。

すでにどん底を味わっているため、今後は上へ向けて突き進むだけだ。

バン・ガンディにとっても魅力的なチームと言えるかもしれない。

なお、レイカーズは元レイカーズのルーク・ウォルトンとデレック・フィッシャー、サンアントニオ・スパーズのアシスタントコーチを務めるエットーレ・メッシーナにも興味を持っていると噂されており、スパーズ側はメッシーナがレイカーズと面談することを許可したとも報じられている。

一方、バン・ガンディには古巣のロケッツも興味を持っているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA