ソロモン・ヒル ラプターズのプレイスタイルを批判

【スポンサーリンク】

トロント・ラプターズとインディアナ・ペイサーズのプレイオフ・ファーストラウンドは、3勝2敗でラプターズがリードしている。

シリーズ第5戦の最終盤にソロモン・ヒルが決めた逆転3Pは時間切れ後に放ったものと判定され、惜しくも逆転勝ちとはならなかったペイサーズだが、ラプターズはファウルを獲得し、フリースローで得点するスタイルを多く用いている。

このプレイスタイルがヒルの癇に障っているようだ。

ヒルはラプターズのプレイスタイルについて次のように批判。Fox Sports Indianaが伝えている。

「彼ら(ラプターズ)は審判の笛に頼りすぎ。バスケットボールをしたいよね。だけど彼らとの試合は本当にバスケットボールじゃない。選手たちはファウルを得るためにプレイしてる。ただファウルを得るためだけにプレイしてるのであって、スコアリングというコンセプトから離れてしまってる」

「彼ら(ラプターズ)は俺らのベストプレイヤー(ポール・ジョージ)に向かってきてる。彼をイライラさせようとしてるんだ」

そう話すヒルだが、ファウルをもらう技術もバスケットボールの一部であり、ましてや相手は2001年以来のカンファレンス・セミファイナル進出を狙うラプターズ。

目標を達成するためにもなりふり構っていられないのだろう。

次の一戦で敗戦すれば、ペイサーズの今季は終了する。

ラプターズのプレイスタイルに臆することなく、自身のパフォーマンスを貫いてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA