CJ・マッコラム ウォリアーズについて「イリーガルスクリーンを使ってる」

【スポンサーリンク】

プレイオフ・ファーストラウンドを勝ち抜き、セカンドラウンドでゴールデンステイト・ウォリアーズと戦っているポートランド・トレイルブレイザーズだが、昨季王者を相手に現時点で0勝2敗とリードを許している。

第2戦では勝利のチャンスがあったものの、第4Qでウォリアーズの猛攻に遭い、無念の逆転負け。

だが、スコアラーのCJ・マッコラムはウォリアーズのディフェンスに疑念をいただいているようだ。

マッコラムによると、ウォリアーズが仕掛けるスクリーンの多くはイリーガルスクリーンだという。マッコラムのコメントをCSN Northwestが伝えている。

「彼ら(ウォリアーズ)はイリーガルスクリーンをセットしてる。動いてるよ」

「スクリーンをかわし、難しくさせるような解決方法を見つけないとね」

マッコラムが言うように、確かにイリーガルスクリーンに見えるようなプレイもある。

だが、レフェリーがイリーガルスクリーンをコールしない限り、ブレイザーズはウォリアーズのスクリーンプレイに対処しなければならないだろう。

そして、それはレギュラーシーズン中に解決しておくべきことなのかもしれない。

なお、第1戦ではアンダーソン・バレジャオがジェラルド・ヘンダーソンに対して足を引っ掛けるというプレイも見られたが、このプレイについてブレイザーズのテリー・ストッツHCは「ダーティープレイ」と批判している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA