ペイサーズ フランク・ボーゲルHCとの別れを決断

【スポンサーリンク】

プレイオフ・ファーストラウンド敗退後、インディアナ・ペイサーズのラリー・バード球団社長はヘッドコーチに交代を示唆した。

そして、それは現実のものとなるようだ。

インディアナポリスでの記者会見に出席したバードが、ボーゲルHCと再契約しないことを表明したようだ。

ボーゲルはペイサーズでアシスタントコーチを務めた後の2011年にヘッドコーチに就任。

昨季はプレイオフ進出を逃したものの、在任中のその他のシーズンはすべてプレイオフ進出を果たし、ペイサーズでの通算成績は250勝181敗を記録。

2013年と2014年のプレイオフではチームをカンファレンスファイナルまで導いた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA