新ヘッドコーチを求めるニックス フランク・ボーゲルと接触か?

【スポンサーリンク】

新ヘッドコーチを求めているニューヨーク・ニックスは、複数の人物を新ヘッドコーチ候補にリストアップしていると噂されている。

そのリストの中に、インディアナ・ペイサーズに契約を打ち切られたフランク・ボーゲルが加わったようだ。

the New York Postによると、ニックスはボーゲルのエージェントと連絡を取ったという。

まだ面接まではこぎつけていないようだが、ボーゲルもヘッドコーチ職を続けたいと噂されており、ニックス以外にも複数のチームがオファーを出す見込みだ。

ボーゲルがニックスの新ヘッドコーチに就任する場合、トライアングルオフェンスは継続するのだろうか?

フィル・ジャクソン球団社長は以前から「トライアングルオフェンスを理解する者を選びたい」としているため、トライアングルオフェンスには理解はあるものの、熟知していないボーゲルが就任する可能性は低いかもしれない。

なお、ブライアン・ショウがアシスタントコーチを務めていた当時、ボーゲルはトライアングルオフェンスを取り入れたことがあるとされている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kobe24

    んー(・ω・)ノ逆にフィルが枷になってるような(・ω・)ノトライアングルにこだわりすぎてチームが悪いほうにいかないようにはしないと(・ω・)ノ

*

CAPTCHA