ケビン・デュラント「人生において金がすべてじゃない」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーのケビン・デュラントは、この夏に完全FAになる。

ワシントン・ウィザーズやダラス・マーベリックスなど複数のチームがデュラントにマックス契約をオファーすると見られているが、今のデュラントは金より勝利を求めているようだ。

ベテランパワーフォワードのデイビッド・ウェストが減俸をのんでスパーズと契約したことについて質問されたデュラントは、次のように返答。Oklahomanが伝えている。

「(ウェストの減棒での契約を)リスペクトしてるよ。人生において金がすべてじゃない。俺らは家族を養っていくことも考えないといけない。だけど、このリーグで何か特別なことを追うことのほうが幸せになると思うんだ。だから、俺は彼の決断をリスペクトする。多くの選手たちはそうしてないからね」

2010年にサンダーと延長契約を結んだデュラントにとって、FA交渉は人生初のこと。

他チームとの契約も噂されているが、何より勝利できるチームでのプレイを希望するのだろう。

つまり、サンダーのプレイオフでの結果がデュラントの去就に影響を及ぼす可能性も十分あると言えそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA