スティーブ・カーHC MVP受賞のステフィン・カリーについて「マジカルイヤーだった」

【スポンサーリンク】

2015-16シーズンのMVPは、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが受賞した。

満場一致での受賞は史上初の快挙だが、この結果に異論を挟む者はいないだろう。

マイケル・ジョーダンの全盛期に共にプレイし、今はカリーの偉業を目の前で目撃しているスティーブ・カーHCは満場一致という結果に驚いているようだ。カーHCのコメントをthescore.comが伝えている。

「マジカルイヤーだったよ。彼はすべての中心にいたからね。(満場一致での受賞には)驚いた。彼(カリー)に1位票を投じない人間がいるということは想像できなかった。だけど、いつだって目立とうとする人間はいるものだからね」

今季はカリーにとってだけでなく、ウォリアーズにとっても特別な時間となった。

カリーは史上初となる1シーズンで400本以上という3P成功本数を記録し、カリー率いるウォリアーズはジョーダン時代のシカゴ・ブルズを上回るレギュラーシーズン73勝を達成。

そして今、フランチャイズ初となる連覇をかけて戦っている。

歴代のスタープレイヤーと比較し、カリーのパフォーマンスは明らかに異質だ。

だが、流水のようなパフォーマンスは人々を魅了し、相手を圧倒する。

今の小さな子供たちはカリーのパフォーマンスを真似、トッププレイヤーを目指すことだろう。

今から数十年後のバスケットボールは現在とはまったく異なるものとなっているのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA