ドワイト・ハワード オフの去就について「決めてない」

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツのセンター、ドワイト・ハワードの来季の契約はプレイヤーオプションとなっている。

現時点ではオプションを破棄し、他チームからのオファーを検討すると予想されているが、ハワード本人はまだ何も決断していない模様。ハワードのコメントをTNTが伝えている。

「まだ何の決断もしてないよ。俺はいつだって勝つことに関心がある」

また、近年ではアウトサイドショットを打ち、多彩なスキルを持つビッグマンが増えているが、ハワードはそれはそれで素晴らしいことだと認めながらも、ボールを得るにはチームメイトを信頼することがもっとも重要だと考えているという。

ハワードは自身についてこう続けた。

「俺はもっと成長して、良いプレイヤーにならなきゃいけない。俺はいつだってゲームに関心を持ってるよ。コート上で笑いすぎる、プレイしすぎるという問題はある。俺が笑わなくなったりしたら、それはゲームに関心がなくなったってことさ」

果たしてハワードはオプションを破棄し、FAとなるのだろうか?

オプションを破棄した場合、ダラス・マーベリックスがハワード獲得に動くと見られている。

なお、今季のハワードはレギュラーシーズン71試合に出場し、平均32.1分のプレイで13.7得点、11.8リバウンド、1.4アシスト、1.0スティール、1.6ブロックショット、FG成功率62.0%、フリースロー成功率48.9%を記録。

プレイオフでは5試合に出場し、平均36.0分のプレイで13.2得点、14.0リバウンド、1.6アシスト、0.8スティール、1.4ブロックショット、FG成功率54.2%、フリースロー成功率36.8%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA