カイル・ラウリー 第4戦を振り返り「チームを失望させてしまった」

【PR】

マイアミ・ヒートとのカンファレンスセミファイナル第3戦を終えた時点で、トロント・ラプターズは2勝1敗でリードしていた。

だが、第4戦ではオーバータイムの末に敗れ、シリーズを2勝2敗のイーブンに戻している。

ラプターズのスコアラーのひとりであるカイル・ラウリーは第4戦の第4Q終盤にオフェンシブファウルを犯し、6回目のファウルで退場。

オーバータイムではプレイすることができなかったが、ラウリーの退場はラプターズにとって大きな痛手だったことだろう。

そのラウリーは6ファウルで退場したことを強く反省しているようだ。ラウリーのコメントをthescore.comが伝えている。

「個人的にだけど、腹が立ってるよ。(ロードで)2勝したかった。そのチャンスが俺らにはあった。だけどポジティブに考えるつもりさ。3勝してるし、ホームで2勝してるからね」

「ファウルトラブルに陥るなんてダメだ。チームを失望させてしまった」

プレイオフに入り、ラウリーの調子がなかなか上がってこない。

ホームコートアドバンテージはラプターズにあるものの、プレイオフを勝ち進むためにはラウリー、そしてデマー・デローザンの復調が欠かせないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読