ステフィン・カリー「俺の自信は決して揺らがない」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが2年連続でレギュラーシーズンMVPを受賞した。

今季はリーグ史上初となる満場一致での選出となるなど、他を寄せ付けない活躍を見せたカリーだが、怪我から復帰明けとなったポートランド・トレイルブレイザーズとのカンファレンスセミファイナル第4戦の序盤では勘を取り戻すことができなかった。

しかし、オーバータイムに入ると大爆発。

MVPにふさわしいパフォーマンスでチームを勝利に導いたが、ショットがどんなに不調になろうともカリーは自信を失わないようだ。カリーのコメントをThe Mercury Newsが伝えている。

「俺の自信は決して揺るがない。自信がなければ1本しか入らなかったのに9本も3Pを打ったりしないだろうね。何本かかなり良い感じで打つことができた。入ってくれるのを祈ってたよ」

カリーの驚異的なパフォーマンスに、会場を訪れたブレイザーズファンは驚愕した。

スティーブ・カーいわく、ロードゲームであれほどまでにファンを驚愕させたのはマイケル・ジョーダン以来だという。

今季はリーグ史上初となる3P成功本数400本オーバー、さらにジョーダン時代のシカゴ・ブルズが達成したレギュラーシーズン72勝という偉業を更新するなど、ウォリアーズにとって今季は記録ずくめの年となった。

カリーは今後、ジョーダンが達成した数々の偉業と比較されることとなるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA