ステフィン・カリー レブロン・ジェイムスのMVP批評について「無視するのが得意になった」

【スポンサーリンク】

今季のレギュラーシーズンMVPには、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが選出された。

チームをリーグ新記録となるレギュラーシーズン73勝という成績に導き、自身もリーグ初となる400本以上の3Pを成功させただけに、カリーのMVP受賞に異論を挟む者はいないだろう。

だが、クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスはMVPについて異なる見解を持っている。

ジェイムスは先日、カリーの偉業を認めながらも「“最も価値がある”ことを議論するときには、他の議論もできる」とし、これまでのMVP選手との比較は避けた。

ジェイムスのこの発言に対し、カリーは次のように反応。ESPNが伝えている。

「無視するのは本当に得意になった。それは俺にとってこの2年のテーマだったんだ。俺は大丈夫だよ」

スター選手には称賛が送られると同時に、数々の批判の目も向けられる。

だが、カリーはメンタルのコントロール方法をマスターし、批判をものともしない強さを手にしたのだろう。

両チームが今年もファイナルで対決することになれば、新旧MVPのマッチアップにも注目が集まることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

関連コンテンツ

*

CAPTCHA