マブス ディアンドレ・ジョーダンに下手打ちフリースローを計画していた?

【スポンサーリンク】

ディアンドレ・ジョーダンは昨年オフ、一度はダラス・マーベリックスとの契約に合意しながらもモラトリアム期間中に心変わりし、ロサンゼルス・クリッパーズと再契約した。

フリースローが大の苦手ということで知られるジョーダンだが、マブスと契約していれば新たなフリースロースタイルを身に付けていたかもしれない。

ESPNによると、ジョーダン獲得に成功した場合、下手打ちのフリースローをマスターさせる計画がマブスにはあったという。

また、デトロイト・ピストンズのアンドレ・ドラモンドもフリースローを大の苦手としているビッグマンのひとりだが、スタン・バン・ガンディHCはドラモンドに下手打ちのフリースローを覚えさせる考えがあるとも噂されている。

フリースローを苦手としているプレイヤーの場合、ハック作戦を仕掛けられるケースが多い。

フリースローを改善することでチームに大きな貢献をもたらすことができるのだが、序辰するプレイヤーは数少ないのかもしれない。

ちなみに、バン・ガンディHCは以前、練習中のドラモンドは70%以上の確率でフリースローを成功させており、試合中に決められない要因に「メンタル」を挙げていた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA