マヌ・ジノビリ 現役引退について「いつものように時間をかけて考える」

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダー対サンアントニオ・スパーズのカンファレンスセミファイナルは、大方の予想ではサンダーが制するとされていた。

だが、ケビン・デュラントとラッセル・ウェストブルック擁するサンダーが勝利。

スパーズは今季もファイナル進出を果たすことができなかった。

そして、話題はスパーズのベテラン選手たちの去就に集まっている。

38歳のマヌ・ジノビリの去就には毎年のように注目が集まっているが、ジノビリは現役を続けるか、それとも引退するか例年通り時間をかけて考える模様。ジノビリのコメントをESPNが伝えている。

「いつものように時間をかけて考えることにするよ。もちろん、今年は素晴らしいランだった。みんなが楽しみながらプレイできたし。何年も一緒にプレイして、ゲームに勝ってきた。チームメイトたちをすごく誇りに思ってる。もし戻ってきたいと考えるなら、素晴らしいケミストリー、素晴らしい時間、素晴らしい人間たちがいるということだろうね」

「ゲームに勝ったり、チャンピオンシップに勝ったりすることだけじゃない。敗戦から学ぶこともあるし、大切なのは毎日を楽しむってことさ。たとえ俺らの道を進めなかったことがあったとしても、俺はこのチームの一部であることを誇りに思ってる」

レブロン・ジェイムス率いるマイアミ・ヒートにファイナルで敗れた当時、ジノビリは現役引退を考えていた。

だが、現役を続行し、今でもチームの主力のひとりとして活躍している。

果たしてジノビリは現役を続行するのだろうか?

ジノビリはチームや家族、友人らと話し合い、それから決断を下すことになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA