ロケッツ 最優先FA選手はアル・ホーフォードか?

【スポンサーリンク】

アトランタ・ホークスのアル・ホーフォードは、この夏に完全FAになる。

ホーフォードが完全FAになるのはキャリア初。

制限付きFAではないため、多くのチームにホーフォード獲得にチャンスが生まれるだろう。

そして、ドワイト・ハワードの離脱が噂されているヒューストン・ロケッツが、ホーフォード獲得を狙っている模様。

Sporting Newsによると、ロケッツは獲得を最優先すべきFA選手としてホーフォードをリストアップしているという。

また、ベテランシューターのライアン・アンダーソン獲得も狙っていると噂されているだけに、今年のオフのロケッツには大きな動きが見られるかもしれない。

なお、ロケッツはケビン・デュラント獲得にも動くと噂されていたが、現時点でデュラントがロケッツとの契約を決断する可能性は薄いだろう。

なお、今季のホーフォードはレギュラーシーズン全82試合に先発出場し、平均32.1分のプレイで15.2得点、7.3リバウンド、3.2アシスト、1.5ブロックショット、FG成功率50.5%、3P成功率34.4%、フリースロー成功率79.8%を記録。

プレイオフでは10試合に出場し、平均32.7分のプレイで13.4得点、6.5リバウンド、3.0アシスト、1.2スティール、2.4ブロックショット、FG成功率46.6%、3P成功率39.3%、フリースロー成功率93.8%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA