ラスト2分レポートでラッセル・ウェストブルックとステフィン・カリーにトラベリングのコールミス

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダー対ゴールデンステイト・ウォリアーズのカンファレンスファイナル第1戦最終戦、タイムアウトをコールしようとしたラッセル・ウェストブルックがトラベリングを犯したように見えた。

スティーブ・カーHCはトラベリングをアピールするも、レフェリーはコールせず、ウェストブルックが要求したタイムアウトを承認。

このプレイを振り返り、カーHCは「歩いてたと思う」とコメントした。

どうやらカーHCの目に間違いはなかったようだ。

NBAが発表している試合のラスト2分間レポートによると、ウェストブルックの軸足は動いており、レフェリーはトラベリングバイオレーションをコールすべきだったとされている。

だが、トラベリングのコールミスがあったのはウェストブルックに対してだけではなかった。

ラスト2分間レポートでは、残り7.8秒にステフィン・カリーもトラベリングを犯していたという。

ラスト2分間レポートを受けて試合結果が変わるということはないものの、今年のプレイオフでは何かとレフェリーの誤審が話題を呼んでいる。

完璧なコールは難しいとはいえ、勝負がかかったシーンでのコールミスにはより一層注目が集まることとなりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    カリーのトラベリングの件は帳尻合わせな気がする

*

CAPTCHA