スティーブン・アダムス「クイック・リトルモンキー」発言を謝罪

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズとのカンファレンスファイナル第1戦を勝利した後、オクラホマシティ・サンダーのスティーブン・アダムスはウォリアーズのガード陣を「クイック・リトルモンキー」と揶揄した。

この表現が波紋を広げているが、アダムスは翌日、差別的とも捉えられかねないこの発言を撤回し、謝罪したようだ。アダムスのコメントをUSA Todayが伝えている。

「誰かを動揺させるとは思ってなかった。だけど謝罪する。言葉の選び方がまずかった。彼らを追うのがどれほど難しいか説明したかっただけなんだ」

アダムスによると、ニュージーランドで生まれ、育ったため、文化の違いが言葉に影響していたという。

ウォリアーズのガード陣は特に意に介していないようだが、少なくとも第2戦は闘志を剥き出しにして向かってくるだろう。

サンダー対ウォリアーズのシリーズ第2戦は日本時間19日、オラクルアリーナで行われる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA