ジェイムス・ハーデン 喧嘩で相手男性の指を骨折か?

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンにとって、今季は満足できるシーズンではなかったことだろう。

よほど不満を溜め込んでいたのだろうか?

TMZによると、ロサンゼルスにいたハーデンはフォトグラファーの男性と喧嘩し、相手男性の指を骨折させてしまったという。

この問題について、警察は調査を進めており、何らかの処分が下される可能性もある模様。

今季のロケッツは不振が続き、シーズン途中でケビン・マクヘイルを解雇。

プレイオフには進出するも、昨季王者のゴールデンステイト・ウォリアーズとファーストラウンドで戦い、1勝4敗で敗れた。

なお、今季のハーデンはレギュラーシーズン全82試合に先発出場し、平均38.1分のプレイで29.0得点(キャリアハイ)、6.1リバウンド(キャリアハイ)、7.5アシスト(キャリアハイ)、1.7スティール、FG成功率43.9%、3P成功率35.9%を記録。

プレイオフでは5試合に出場し、平均38.6分のプレイで26.6得点、5.2リバウンド、7.6アシスト、2.4スティール、FG成功率41.0%、3P成功率31.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By グリーン

    ハーデンのスタッツは本当に素晴らしいものなのですが、自身が原因で取られた点数も知りたいところですね(笑)
    勿論、状況が目まぐるしく変わるバスケでは確認しづらいスタッツですけどね。

    ところで、管理人さんの周りの状況は現在どうなっているでしょうか?無事更新を続けて頂いてるので、好転している事を期待していますが。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      私のほうは毎週末熊本入りし、新居探しに明け暮れております(^_^;)
      まだ見つかっておりません・・・

      ご心配、本当にありがとうございます゚(゚´Д`゚)゚

*

CAPTCHA