ケビン・デュラント ドレイモンド・グリーンの出場停止回避について「ビジネスだから」

【スポンサーリンク】

ウェスタン・カンファレンスファイナル第3戦でスティーブン・アダムスの股間付近を蹴り上げたドレイモンド・グリーンには、出場停止処分ではなく罰金処分が下った。

同時にフレイグラントファウル2に格上げされたものの、出場停止処分にならなかったことには疑問の声も多い。

このリーグの判断について、デュラントは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「彼ら(リーグ)はドレイモンド・グリーンに出場停止処分を科したりしないだろう。彼はゲームの歴史におけるベストチームのひとり。リーグにおいてプレミアなプレイヤーのひとりだからね。リーグは彼に出場停止処分は科さないだろう。彼にプレイを続けさせる、もしくは罰金処分を科す、もしくはフレイグラントファウル2にアップグレードする。俺はリーグがそうすると思ってた。俺ら全員がそれを分かってた。このリーグはビジネスだからね」

グリーンがアダムスに蹴りを見舞うのは、このシリーズで2度目。

これにはラッセル・ウェストブルックも怒りを顕にしているが、グリーンもそれに応酬している。

ここにデュラントも加わり、ゴールデンステイト・ウォリアーズ対オクラホマシティ・サンダーのシリーズはコート外でもバトルが繰り広げられる様相だ。

リーグを暗に批判したことにより、デュラントには罰金処分が科される可能性がある。

仮に罰金処分が下ったとしても、デュラントをはじめとするサンダーのプレイヤーたちはそれをエネルギーに変えて戦うだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA